So-net無料ブログ作成

鳥取と東京・落合の風景と(3) [尾崎翠]

3.尾崎翠が落合に住んだ理由

 今回、鳥取に伺ったことで知りえた最大の収穫は涌島義博と田中古代子夫妻の上落合における住所地が確認できたことであった。フォーラム開催の時期を中心にした6月26日から7月25日までの期間、鳥取県立図書館において「特別資料展 尾崎翠―迷宮への旅―」が開催された。この展示は新発見資料を含めて素晴らしいものだったが、中に「鳥取無産県人會々報」の第一號が展示されていた。そこには會員氏名と住所を記載した名簿があった。

  涌島義博    市外上落合五四六  文筆業
  涌島古代子   市外上落合五四六  
  尾崎みどり   市外上落合     著述業

この會報は1926(大正15)年2月23日に印刷されている。橋浦泰雄と行動をともにし、足助素一の叢文閣で出版を学んだ涌島義博が上落合に住んでいた。これは橋浦泰雄が上高田に住んでいたことと大いに関係しているものと考える。なにせ通り道にあたる地域なのだ。また前述したように震災以後には住みやすい郊外地でもあったからだろう。尾崎みどりも上落合を住所地にしているが、この時期の尾崎の状況を考えると涌島の名義を借りたのだろうと思う。涌島は南宋書院をおこし、左翼系出版社として活動するが、鳥取無産県人會のつながりもあってか白井喬二の作品も出版している。のちに林芙美子の処女詩集『蒼馬を見たり』を出版している。これは尾崎翠の口利きなのだろう。これによって東京での文筆生活を始めるにあたって、尾崎翠が上落合に居を構えた理由がわかったと感じた。

鳥取と東京・落合の風景と(2) [尾崎翠]

2.落合に住んだ作家や画家たち

橋浦泰雄がみた1920(大正9)年の落合はまだ村の様子を残しているが、次第に郊外住宅地としてひらけていったようだ。落合地域における早い時期の在住文化人は詩人の川路柳虹(大正7年)や尾形亀之助(大正12年)、村山知義(大正12年)などであるが、萩原恭次郎などMAVOによったアヴァンギャルド詩人たちも住んだ。古屋芳雄、辻潤、会津八一なども早い時期の住人である。画家では金山平三、鶴田吾朗、中村彜、曾宮一念、佐伯祐三などが住んだ。落合が活況を示すのは目白文化村の開発と同時におきた関東大震災によってであった。被害の少なかった落合地域に移り住むものが少なくなかったのであった。世田谷に住んでいた熊本出身の橋本憲三、高群逸枝の夫婦もそうだった。世田谷で下宿していた家には震災で親戚が避難してきたので住めなくなり、同郷の友人、作家の小山勝清の紹介によって上落合の新築借家に住む。そして東中野の借家に転居するが、どちらも落合火葬場に近い場所であった。最初の上落合の住所はわからないが、日記での記述から後の樺山千代の住所地にほど近い場所との印象がある。小山勝清は1925(大正14)年頃には下落合に住んでおり、労働雑誌『人と人』や『家の光』に小説を書いていた。熊本出身の挿絵画家、竹中英太郎も小山勝清のそばに住んだ。橋本憲三は平凡社社員として白井喬二とともに『現代大衆文学全』の企画を進めた張本人であるし、高群は生田長江のひきで詩作品を中心に文章を執筆する機会を得ていた。なぜか、落合によった熊本県人たちは鳥取県人とのつながりが散見される。不思議な符合である。

五塵録.jpg
            橋浦泰雄『五塵録』表紙

鳥取と東京・落合の風景と(1) [尾崎翠]

1.東京・落合を歩く

 2010年の夏、私は初めて鳥取に向かっていた。仕事や旅行などで日本全国をかなり歩いた私にとって足を踏み入れていない二つの県の一つが鳥取県であった。ちなみに最後に残った一県は鹿児島県である。7月3日から4日の二日間、鳥取市において「尾崎翠フォーラムin鳥取2010」が開催され、参加するために鳥取を訪れたのである。
 私が新宿区上落合に越してきたのは1995年のこと。当時は尾崎翠が「第七官界彷徨」をはじめとする小説を書いた土地とは知らなかった。林芙美子と同様、杉並区の妙法寺のそばから私は越してきたのであった。落合を歩くようになったきっかけは西落合に住んでいた瀧口修造の住居跡がどうなっているか確かめるため訪問したことに始まった。そして、次に村山知義の三角のアトリエの家の跡地を確かめるために歩いた。この訪問では、村山知義の妻である童話作家の籌子に興味をもつことにつながり、雑誌「女人藝術」に村山籌子の原稿をあたった。ところが、そこには尾崎翠の短編や「映画漫想」も掲載されていた。そして、改めて学生時代に読んでいた尾崎翠を雑誌掲載のかたちで再読することになったのだった。しかも今回は落合に住んだ作家として。同時に尾崎翠が住んだ1928(昭和2)年から1932(昭和7)年にかけての落合地域はどんなだったのだろうか、と想像しながら落合を歩くことにもつながった。
 落合地域は台地上の下落合と崖下の上落合によって構成されているが、関東大震災まではかなりの田舎だったようだ。鳥取出身の画家、橋浦泰雄の自叙伝『五塵録』(1982年 創樹社)には1920(大正9)年の暮れ、早稲田から上高田の宝泉寺に越してくる時の様子が描写されている。この時の記憶をもとに橋浦は上落合の風景として自叙伝中に描いている。当時の上落合の様子を知る良い資料の一つである。

1920年(大正九年)ごろには、早稲田から山手線の高田馬場までは。畑地をまじえながらもどうにか人家つづきだったけれど、線路を越すと一面が畑地で、人家はいわゆる村の形をとって、少家ずつが街道筋にあった。

橋を渡ると古い面影を残した落合村で、藁屋根の棟にイチハツを植えた家が多かった。

この村は“落合の枝柿”といって枝柿の名所だったが、通りを笹竹で囲った農家の大 きな敷地内に、百年、二百年を経たであろう枝柿の老木が二十本も三十本も、家の棟よりも高く、黒い枝を拳のように振りまわして真っ赤な実をつけているのは偉観だった。そんな農家が何軒もあった。

実は上高田は中野区であるが、上落合と隣接しており、落合火葬場のすぐ先である。たとえば後に尾崎翠が住んだ三輪から歩いて10分とはかからない距離である。

<お願い>尾崎翠関連の写真を探しています。貸していただけませんか? [尾崎翠]

鳥取県立図書館から郷土作家の小冊子『尾崎翠』の刊行が予定されています。

その中で、尾崎翠と落合というコーナーが設定されます。

昭和2年から昭和7年まで尾崎翠は上落合の妙正寺川近く、三輪地区に住み、そして「第七官界彷徨」や「アップルパイの午後」「こほろぎ嬢」などの代表作を執筆しました。

ところで、今回の小冊子は写真での紹介も大きな特徴になっています。当時の中井、三輪地域の写真を掲載したいと思うのですが、新宿区に問い合わせても写真がほとんどありません。

もし以下の写真をお持ちの方がおいででしたら、貸していただけないでしょうか。お願いいたします。

1.落合火葬場の外観
2.当時の妙正寺川、美仲橋の付近
3.公楽キネマの外観
4.柏木図書館の外観
5.上落合894番地にあった銭湯

どうぞ宜しくお願いいたします。

「第七官界への引鉄」板垣直子と一冊の本 (7) [尾崎翠]

落合町山川記

 この紹介が掲載される直前の「改造」1983(昭和8)年9月号には林芙美子の「落合町山川記」が掲載される。尾崎翠が兄に伴われて鳥取に帰ったのは前年8月末または9月初めのことだから、ちょうど丸1年経過したかしないかの時期に書かれた原稿である。

鳥取へ帰った尾崎さんからは勉強しながら静養していると云う音信があった。実にまれな才能を持っているひとが、鳥取の海辺に引っこんで行ったのを私は淋しく考えるのである。  時々、かつて尾崎さんが二階借りしていた家の前を通るのだが、朽ちかけた、物干しのある部屋で、尾崎さんは私よりも古く落合に住んでいて、桐や栗や桃などの風景に愛撫されながら、『第七官界彷徨』と云う実に素晴らしい小説を書いた。文壇と云うものに孤独であり、遅筆で病身なので、この『第七官界彷徨』が素晴らしいものでありながら、地味に終ってしまった、年配もかなりな方なので一方の損かも知れないが、この『第七官界彷徨』と云う作品には、どのような女流作家も及びもつかない巧者なものがあった。私は落合川に架したみなかばしと云うのを渡って、私や尾崎さんの住んでいた小区へ来ると、この地味な作家を憶い出すのだ。いい作品と云うものは一度読めば恋よりも憶い出が苦しい。

7月1日に『第七官界彷徨』は出版されているので、林芙美子はまだ手にする前にこの原稿を書いているのかもしれない。私には、『第七官界彷徨』一冊は板垣直子がいなければ存在しなかったと思われるのである。もし、啓松堂からのこの一冊がなければ、あるいは戦後の発掘がなかったかもしれないと思うと板垣直子の功績は大きい。ただ、仮に『第七官界彷徨』一冊の発行がなかったとしても、力のある作家だから、誰かが「女人藝術」、「新潮」、「婦人公論」、「火の鳥」などといった雑誌から一編一編を発掘していったことだろう。そうさせてしまうような魅力と強さが尾崎翠作品には溢れていると私は思う。

「第七官界への引鉄」板垣直子と一冊の本 (6) [尾崎翠]

『文藝ノート』での尾崎翠の評価

 『文藝ノート』に収録された「女流文壇」は1931(昭和6)年「文学」9月号(岩波)に掲載されたもの。時期は「第七官界彷徨」の「新興藝術研究2」掲載の直後である。とりあげている作家たちは、中條百合子、宇野千代、さゝきふさ、尾崎翠、林芙美子、平林たい子、窪川いね子。尾崎翠にふれている部分を引用したい。

大多數の作家が、作家的技量の優秀さよりも、自己の文學の旗標によつて、より多く文壇に地歩を占めてゐるかに見える現代の文壇に、最近尾崎翠が、ユーモア文學によつて第二次的進出を企てた事は、極めて有利な方法であった。
彼女は以前に、「無風帯から」その他を「新潮」に發表して、相當の注目を惹いた。然るに私的運命は彼女を大切な時期に文壇から遠ざけた。彼女は必然的に、文壇の外に再び試作時代を持つた。彼女が自己の境地を、ナンセンス的ユーモア文學にあることを悟つたのは、其後であつた。
「第七官界彷徨」は、現文壇への顕著な寄興であり、日本のユーモア文學の最大収穫の一つに數へられる作品である。これ程細やかに練りあげられた、朗らかなユーモア文學を、私は日本に於て他に知らない。

更にあの長い作品が、全然ナンセンスの上に築かれてゐる事、しかも異様なる分裂心理などを持つて來た事は全くユニークである。

彼女のユーモアは、人生に對する彼女の態度から生まれてゐるのではなく、ユーモアの爲のユーモア文學である。「正常心理の世界に倦きた」が、時代問題に切り込んでゆく趣味を彼女は持たない。事を執念深く追及してゆくねばり強さと、言葉の使用に就いての作家的な敏感さが、孤獨な彼女をユーモア文學に導いたのではなからふか。

小林多喜二文学を絶賛し、プロレタリア文学の理解者である板垣直子が評価してきたのは、平林たい子のような理知的なプロレタリア文学であり、窪川いね子、中條百合子である。尾崎翠作品の絶賛はかえって異質なものに見える。その答えは以下の直子の言葉に象徴されているように思う。
  
彼女がユーモア文學に道を求めた性格的必然性であるが、かゝる無慾な、澄んだ、朗らかなユーモア文學が、時代的傾向に彩られた各種の作家の對立してゐる落付のない轉換期の現文壇に、その反動として生れて來る社會的根據のある事も見のがしてはならない。

「火の鳥」には巻末に書評が同人によって書かれるコラムがある。1933(昭和8)年10月1日発行の第七巻10月号には『第七官界彷徨』を割り当てられた栗原潔子による紹介が掲載される。だが、持ち回りで啓松堂発行のこのシリーズの紹介を書いているから、特に栗原潔子が尾崎を選んで、とは私には思えない。紹介は『文藝ノート』や『白い貝殻』、『わたしの落書』も取り上げられているのだ。栗原潔子は「一時健康を害されたときく著者のご自愛を切に祈る。」と結んでいる。

「第七官界への引鉄」板垣直子と一冊の本 (5) [尾崎翠]

昭和8年の『第七官界彷徨』

 尾崎翠が戦前に出版できた唯一の著作である『第七官界彷徨』は啓松堂からの刊行であると書いた。この出版社は1933(昭和8)年に集中して女流作品を出版する。『第七官界彷徨』は7月1日の発行である。ちなみに林芙美子の『わたしの落書』は3月31日発行。この『わたしの落書』には書籍広告が掲載されており、城夏子の『白い貝殻』と板垣直子の『文藝ノート』の2冊が掲載されている。『第七官界彷徨』の広告ページには加えて平林たい子の『花子の結婚其の他』が掲載されている。板垣直子の『文藝ノート』の発行は2月5日でもっとも早いようだ。この『文藝ノート』の装丁は雑誌「火の鳥」の表紙を描いていた丸岡美耶子である。かつ、この直前の「火の鳥」には板垣直子の原稿が連続して掲載されている。そして、このシリーズの書評や推薦を「火の鳥」が積極的に行っている。おそらくは「火の鳥」と何らかの関係があったのだろう。だが、一方では林芙美子、平林たい子といった「火の鳥」とは直接には関係が深くない作家がいて、このラインナップはまさに板垣直子の好みにみえるのである。

naoko0351.jpg
  啓松堂昭和8年2月5日発行の『文藝ノート』表紙

「火の鳥」1932(昭和7)年1月号に板垣直子の「現文壇の展望」が掲載される。同じ年の5・6月合併号に「一人の作家と一つの思潮」、10月号に「梶井基次郎の文学」が掲載されている。この1932(昭和7)年を通じて常連のように執筆した中には大田洋子、栗原潔子、城夏子などがおり、啓松堂の同じシリーズとして刊行された城夏子の『白い貝殻』の表題となる作品「白い貝殻」は「火の鳥」5・6月合併号に掲載されたものであった。そして、7月号には尾崎翠の「こほろぎ嬢」が掲載されるのである。私はこうした客観的な状況から「火の鳥」への尾崎翠作品の掲載は板垣直子の推薦によったのではないかと考えている。

「第七官界への引鉄」板垣直子と一冊の本 (4) [尾崎翠]

板垣直子

 林芙美子が1931(昭和6)年12月号の「婦人公論」に書いた「平凡すぎる日記から」には尾崎翠と映画に行ったことが書かれている。この年の7月18日(土)の項である。

平凡。無意に暮れた。雨あがりのせいか暑い。庭のダリヤ眞盛りだ。ぢつと見てゐると苦しくてやりきれない。犬(ペツト)が棒ぎれをくはえて遊んでゐる。夜、尾崎女史とコウラクキネマ見に行く。(拾五銭)歸り板垣鷹穂氏の家に寄りカンダン、歸へり夜更一時、呆んやりした日であった。

二人は何の映画を公楽キネマで見たのだろうか。映画に関しても造詣の深かった美術評論家の板垣鷹穂。この板垣鷹穂が編集主幹である雑誌「新興藝術研究2」は1931(昭和6)年6月1日の発行であるから、この7月18日夜の板垣家訪問の時点ではすでに「第七官界彷徨」全編は発表されていた。林芙美子は『放浪記』がすでにベストセラーになっていた。板垣鷹穂の妻は文芸評論家の直子である。板垣直子は青森県、現在の五所川原の出身。生まれは1896年11月18日である。尾崎翠は1896年12月20日生まれだから、二人は出身地は遥か遠いが同級生である。直子は日本女子大学英文科を卒業した後、東京帝国大学文学部の女子聴講生として美学と哲学を修めた。すでにゲオルヒ・グロナウの著書『レオナルド・ダ・ヴィンチ』の翻訳を岩波から出版していた。だが、美学または美術評論よりも文学評論の世界に直子は進んでいった。雑誌「女人藝術」においても小林多喜二について論じていたりする。ちなみに前述の樺山千代も1896年の生まれである。板垣直子と尾崎翠の符合は①適度に辺境の出身であること、②1896年の暮れの生まれであること、③「女人藝術」に執筆していたこと、④日本女子大学で学んだこと、⑤上落合に住まいしたこと、などがある。板垣鷹穂の家から尾崎翠の家まではどうだろう徒歩で5分くらいではないだろうか。

「第七官界への引鉄」板垣直子と一冊の本 (3) [尾崎翠]

チャップリン

いま、ちよつとあの帽子をチヤアリイの頭から借りて來て大映しにしてみる。ながめたところ、ただひとつの、誰の頭に載つかつてても差支なさそうな山高にすぎない。(おまけに金鑛地の吹雪と公楽キネマの雨に打たれ、地は毛羽だち、つばは草臥れてゐるのだ)

チヤアリイの帽子への愛は、ゴオルド・ラツシユをたとへば四分の一見ればいい。これでチヤアリイの偏執はいやでも感じなければならないのだ。
  
ゴオルド・ラツシユは、ひとつの偉大な黒子を持つてゐた。ポテトオ・フオオク・ポテトオ。

尾崎がチャップリンの「ゴールド・ラッシュ」を見た公楽キネマは東中野駅から現在の下落合駅のちょうど中間あたり、当時の昭和通り、現在の早稲田通りに面していた。尾崎翠が住んでいた、したがい「映画漫想」を書いた上落合842番地の住まいから歩いて10分あまりの場所にあたり、近くにはMAVOのアーティストである村山知義と童話作家である村山籌子夫妻が住んでいた。「女人藝術」での執筆者という意味では神近市子も近所である。村山籌子が獄中の知義にあてた手紙を読むと、時に公楽キネマに映画を見にいっているので、暗闇の中で二人はすれ違っているものと思う。また、尾崎はチャップリンばかりではなく、階下の奥さんがファンだった阪東妻三郎の脇差ものも見にいっていた。空襲で焼けてしまい今はない公楽キネマである。この付近、1931(昭和6)年になると、住人の様子が変わってくる。ナップ本部がおかれたためにプロレタリア作家たちが引越してくるからである。壷井繁治・栄夫妻、中野重治、武田麟太郎、大田洋子などである。

「第七官界への引鉄」板垣直子と一冊の本 (2) [尾崎翠]

公楽キネマのゴールドラッシュ

この日、樺山千代のところに来た生田春月は長椅子に腰をすえると、三人で話したのだという。尾崎は鳥取での講演の題を聞いている。春月は「知識階級の行衛」であると返答した。話は心中、ことに有島武郎のことに及んだという。

私は去年、一度先生の自殺のおそれを感じて尾崎さんと相談し、加藤武雄先生に御相談に行かうかなどゝ語りあつたまゝ、何事もなく今年になつた事を思ひ出したので、一寸、皮肉な心持の内に先生のその言葉をきいてゐた。

「女房が夫に甘へるやうだね」
と、先生も尾崎さんに縺れかゝる私を面白さうに笑はれた。

これが樺山千代にとって生田春月との永久の別れになったのだった。樺山の文章の冒頭に戻りたい。

私は目には笑つてゐた。しかし心には果しもなく嗚咽をしてゐた。そして何時かこれとそつくりの心持の時があつた事を思ひながら心にそれをさぐつてゐた。ふと思ひ出した。場末のシネマの硬いベンチでチヤツプリンのゴールドラツシを見た時の事なのだ。あの時は悲しいチヤーリーの道化の姿に誰に遠慮もなく泣く事が出來た。しかし今、私は心には泣いても頬には空ろな笑ひを湛へなければならない。

なんということだろう、尾崎翠の「映画漫想(二)」が「女人藝術」に掲載されたのも1930(昭和5)年5月号のこと。ここで尾崎はチャーリー・チャップリン、そしてまさに「ゴールドラッシュ」について書いているのだ。しかも、どうやら洋画なのに新宿の武蔵野館ではなく、当時の上落合にあった公楽キネマで見たようなのだ。となると、樺山が書いた「場末のシネマ」とは公楽キネマのことで、尾崎翠と一緒だったのではないかと想像してしまった。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。