So-net無料ブログ作成
検索選択

切手?それともアート(1) メールアートギャラリー<アーティスト・スタンプ> [メールアート]

1.切手の形をしたアートとの出会い

 切手の形をしたアートの存在を初めて知ったのは、イヴ・クライン展に展示されていた作品「ブルースタンプ」ではなかったかと思う。ヌーボーレアリスムの画家イヴ・クラインが特許をもっていた青色の顔料「インターナショナル・クライン・ブルー」で塗られた切手に、実際のパリの郵便局の消印を押してもらい、ニューヨークでの個展会場に郵送された葉書を土台にした切手作品である。しかし、当時の私は切手という形態でアート作品を作るという発想はなかったし、特別に関心をもったわけではなかった。少年時代には、仲間内に切手の収集が流行したので、人並に記念切手の収集に熱中したこともあったのだが・・・。
 初めて「切手型の美術作品」として手に入れたいと思うような興味をもったのは、フルクサスのアーティストであるロバート・ワッツが制作した切手シートであった。極めてチープな感触をもった作品であった。また別のタイプとして太田三郎さんのシード・プロジェクトに出会う。太田さんが作成した切手には彼が住む岡山県津山市の草花の種子が封入されている。種子は半透明な紙を通して美しい形態をみせる。そして、津山から太田さんは杉並区の中学生たちに葉書にこのシード切手を貼って郵送したのだ。郵便という国家が管理するシステムが、あまり動けない植物の移動を助け、種子を東京に運ぶ。中には葉書を捨てる生徒がいるかもしれない。雨にぬれた葉書から津山の植物が成長し、花を咲かせる姿を想像した。美しい光景だと思った。

2.メールアートの中の切手

 メールアートの世界に切手型のアートであるアーティスト・スタンプは確立された領域を形成している。数多くのメールアーティストがアーティスト・スタンプを表現手段としている。私がネットワークに参加した94年の最初期からアーティスト・スタンプは送られてきた。「へえ、こんな方法もあるんだ」と思ったが、その時は自ら作ろうとは思わなかった。

Ed Verney.jpg
カナダのEd Verneyの作品

 私が自分でも作ってみようかと思ったのは、複数のアーティストからアーティスト・スタンプに関するメールアート展のインビテーション(招待状)を貰ったからで、でもどうやって作成しよかと考えていた。そんな時、サンフランシスコにあったスタンプ・フランシスコというラバースタンプのショップからのカタログか、ニューヨークの書店ダッジド・エッジ・プレスかのカタログのどちらかに切手の外枠の印刷物があり、それを利用して作成しようと思った。外枠をコピーし、その中にコラージュやラバースタンプにより印字して作品化した。そのひとつひとつを縮小コピーして切手のリアルサイズにし、貼り合わせてシートにした。

中村文字.jpg
中村恵一のラバースタンプによる作品

ART POST.jpg
さまざまなアーティストの作品によるシート。カナダのアンナ・バナナの制作。
nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

メールアートって?(4) [メールアート]

4.私のスタイル

 郵便によって素材を受け渡してのコラボレーション制作が私のスタイルとして各国のメールアーティストに認知されている。そのため、さまざまな形での提案をもらった。アイルランドの詩人バリー・エドガー・ピルチャーは"renga"を共同制作しようと言ってきた。最初何のことか理解できなかった。そうか「連歌」かとしばらくして気づいた。試しに英語で連歌を作ってみた。やはり難しかった。でも頑張って連歌集を発行できるだけの数を制作し、連歌集を発行した。クロアチアのミミカとも連歌を制作した。

with Clemente Padin.jpg
ウルグアイのClemente Padinとのコラボレーション

1999年だったろうか、カナダのマニトバ図書館でコラボレーションアートによるアーティストブックフェアが開催された際には、私のすべてのコラボレーション小冊子が展覧された。

with David Stafford.jpg
オーストラリアのDavid Lawrence Staffordとのコラボレーション

with Elaine Rounds.jpg
カナダのElaine Roundsとのコラボレーション

5.メールアートに使われる手法

 メールアートは郵便を使って直接相手に送る以外にはルールらしきものは何もないので、様々な手法が用いられてきた。しかし、それでもメールアートのネットワークでよく使われる手法があるので、以下に紹介する。

(1)エターナルネットワーク
 一つの紙面に複数の人によって表現が重ねられつづけるコラボレーションアート。瞬間瞬間の姿はメールを受け取った者しかみられない。実際には一種のイベントとみなす事ができる。

(2)アーティスト・スタンプ
 切手の形をとったアート。あるいはフェイクの切手。郵便の多くは国有化されている独占業務。これを私製することで何らかの意味がでる。政治的なメッセージをもつものも多い。

ジョンヘルドジュニア切手シート.jpg
アメリカのJohn Held Jrから送られてきた切手シート

(3)ラバースタンプアート
 ゴムのハンコによるアート。ペタペタ押すだけで気軽にアート。だが、結構ハイレベルな作品も多いから侮れない。アルマンのラバースタンプアートは有名。

(4)アッセンブリング・マガジン
 オリジナルの限定部数の作品パッケージ。参加者は指定部数のエディションを制作、版元に送ると参加者の作品すべてがとじられたパッケージが届く。

そして、なによりネットワークとして結びつけられるコミュニケーションアートであり、著作権を否定しているところがある。メールアートは、アート界のリナックスなのかもしれない。
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

メールアートって?(3) [メールアート]

3.自分のスタイルの発見

 メールアートの初期のやりとりの中、私にとって重要な二人のアーティストとの出会いがあった。一人はアイルランドの詩人のバリー・エドガー・ピルチャーであり、もう一人はチリ出身でドイツに亡命したギレルモ・ダイスラーである。
 ギレルモ・ダイスラーとは、嶋本昭三さんのネットワークにより知りあった。そして彼が発行している雑誌「ウニ/ヴェルス」を送ってもらった。そこには「ヴィジュアル・ポエトリーを作らない?作ったら、僕に送ってください。」という手紙が添えられていた。ヴィジュアル・ポエトリーって何?って思ったし、最初はどんなものか想像もできなかった。

Guillermo Deisler.jpg
Guillermo Deisler

 「ウニ/ヴェルス」には多くの作品が掲載されていた。それで、何となくこんなものかなと理解できた。みようみまねで作品を作り、彼に送った。35号にその作品は掲載された。でも36号が発行されることはなかった。ダイスラーの急死によって廃刊となったためである。

John M Benette.jpg
アメリカのJohn M Bennettのヴィジュアル・ポエトリー

 「ウニ/ヴェルス」への作品掲載がきっかけでセルビアで発行されている雑誌「シグナル」に作品が掲載された。「シグナル」は雑誌「VOU」にも紹介されており、北園克衛や清水俊彦も作品掲載されたヴィジュアル・ポエトリーに特化した雑誌である。河原温の作品が掲載されたこともある。私が掲載された同じ号にドイツのヴィジュアル詩人、ペーター・デンカー教授の作品が掲載され、その縁から手紙をいただいた。デンカー教授は、当時ハンブルグ市の文化事業関係の企画を担当されており、大阪市と姉妹都市にあるので、日本のビジュアル・ポエトリーをハンブルグ市で紹介したい、参加しないかという誘いだった。1997年1月に赤坂のドイツ文化センターでデンカー教授と会い、結果、97年5月から99年1月までの期間、ドイツとオーストリアを巡回展示された「日本ヴィジュアル・ポエジー展」に参加することになった。また、99年9月に北上市の日本現代詩歌文学館で開催された「日独ヴィジュアル・ポエトリー展」への参加につながった。ここで、多くの日本人のヴィジュアル詩人と会うことになった。私のアーティストとの出会いは、海外経由がどんどん多くなった。

「詩を視る」カタログ.jpg
日独ヴィジュアル・ポエトリー展のカタログ表紙

 アイルランドのバリーとも94年にメールのやりとりが始まった。彼は私のコラージュを気に入り、アイルランドの新聞や雑誌からの切り抜きを大量に送ってきた。それでコラージュを作ってみたら、という訳である。私はポストカードにコラージュしてバリーに送った。彼はそれを他のメールアーティストに送った。「何かこのポストカードにアクションを加え、日本の中村恵一に送るように」というコメントをつけて。つまり、ひとつのポストカードを3人のアーティストがコラボレートして作り上げるわけである。バリーがもっとも頻繁に送った先はフランスのブルーノ・スルディンだった。バリー+ブルーノ+ナカムラのコラボを私は「トライアングル・コラージュ」と名付けた。そして小冊子にした。

Triangle Collage.jpg

この小冊子はさまざまなメールアーティストのところに届けられ、その多くの方から「私も作りたい」との申し出となった。

Triangle Collage 2.jpg

結局、100冊以上のコラボレーション小冊子を発行することになった。20カ国以上のメールアーティストと共同制作した。いつのまにか、私のスタイルはコラージュ・コラボレーションということになっていった。

Triangle Collage 3.jpg


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

メールアートって?(2) [メールアート]

2.メールアートとの出会い

 1980年代の前半、雑誌「ブルータス」の美術コラムにイタリアのカベリーニが紹介された。カベリーニがメールアートを行なっていて・・・という紹介で、興味を持ったが、どうすればいいのかわからず、カベリーニの住所もわからず、それきりになってしまった。
 次にメールアートについての記述に出会ったのは、嶋本昭三が1994年に出版した本『芸術とは、人を驚かせることである』(毎日新聞社)においてだった。この本の内容は大半をメールアートに割いていた。カベリーニについても書いてあるし、なによりメールアートにかかわるエピソードが面白かった。

嶋本昭三の本.jpg

 メールアートに俄然興味をもった私は、著者である嶋本昭三に手紙を書いた。手紙には乱暴なドローイングを添えた。これが私が初めて送ったメールアートである。
 5日くらいして、嶋本さんから返事がきた。彼から送られてきたのは、ダンボールを「あ」の形に切り抜いたハガキであり、表には住所と私の名前、裏には直筆で「メールアート・ネットワーキングに是非参加ください」と書いてあった。次に私はカラスのドローイングをパウチして切り抜き、ハガキにして返事を書いた。こうして嶋本さんとのメールのやりとりを3往復くらい行い、ネットワークを広げた。嶋本さんは私にリサイクル封筒で送ってきていた。つまり海外のメールアーティストの住所と名前が記載されたままなのだった。そうか、これを使ってネットワークを作ってみたら、というメッセージなんだなと解釈して送り始めた。また、嶋本さんは「AU」という印刷物を送ってくれたが、そこには出版記念会にメッセージを寄せたメールアーティストの一覧を掲載していた。これも使った。

Miguel Jimenez (スペイン).jpg
スペインのMiguel Jimenezからの封筒

 その頃、ノートにコラージュ作品を作っていたので、これをカラーコピーして送った。30人くらいのメールアーティストに送っただろうか。当時は海外に郵便を送ったことがなく、どうしていいかわからず、手紙も添えていない。

Boog.jpg
アメリカのBOOGからのメールアート

 私が想像したよりも早く返事が届いた。初めて海外からもらったメールアートはスウェーデンからだった。相手は彫刻家。そして翌日も、その翌日もメールアートは届いた。切手や封筒の美しさにも魅かれた。こうして私のメールアートは始まった。

ハーゲンブロック.jpg
アメリカのJulie Hagen Blockの消しゴム版画によるメールアート

※メールアートについての文章は書肆啓祐堂発行の雑誌「黄金の馬車」2号から連載した。

黄金の馬車2号.jpg
「黄金の馬車」2号 2001年3月25日発行。造本は空中線書局の間奈美子さん。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

メールアートって?(1) [メールアート]

1.メールアートって何ですか?

 「メール」と聞くと、多くの方は「eメール」を想像してしまうと思うけれど、メールアートの「メール」は郵便のメールです。つまり、メールアートとは何らかの形で郵便システムを使うアートのこと。英語ではイーメールと区別するために「スネイルメール」という呼び方もします。かたつむり郵便さんという可愛い呼び名。

 たとえば、通常は絵画は美術館やギャラリーに展示してあって、その場所に見にゆくものだけれど、美術作品が郵便システムを通じて勝手にやってくる。作家側にたてば、見せたい相手だけに直接的に見てもらえる仕組みということになる。あえて比喩的にいえば、個人のメールボックスが美術館、ギャラリーとなるわけ。イーメールと決定的に異なる点は、素材をそのままの形で送ることができる点。結構ドキッとさせられるようなデザインやアイディアで作品が届く。

がいこつ郵便.jpg
YOSIO TAKEDAさんからの「平和」はがき。裏に住所・名前が書かれて切手が貼ってある。この形状のまま郵便ボックスに入っていた。

ダイスラーの本.jpg
チリ出身でドイツへ亡命して美術大学で教鞭をとっていたGuillermo Deislerさんの本。18枚の世界中から届いた観光絵葉書を目の形にカットして製本したもの。裏にサインが入っている。死後、チリの大学にアーカイブができたようだ。

封筒ダニエラさん.jpg
フランスのDanielle Dénouetteさんからの封筒。
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

市民参加の映画製作だって、佐藤泰志の『海炭市叙景』を。 [その他]

 佐藤泰志という作家をご存知だろうか。決して派手さはなかったが、本物の作品を書いた作家。そして1990年、41歳で自ら命を絶ってしまった作家。この作家とわが夫婦は不思議な縁がある。私の妻が函館で高校生だった時、人づてながら直接につながりがあった。そして、東京に行く彼から大江健三郎の本を貰ったという。私も大学時代に短歌を書いており、発行していた雑誌についての論評が掲載された「北方文芸」81年2月号に佐藤泰志の「撃つ夏」が掲載されていた。

雑誌「北方文芸」.jpg
雑誌「北方文芸」1981年2月号の表紙

佐藤は何度も芥川賞の候補になったが受賞はできなかった。一読すると、暗い小説なのだが、なにより一度味わうと忘れられないほど不思議な魅力がある。そんな彼の最後の小説が『海炭市叙景』である。妻はエッセーの中で『海炭市叙景』を何とか映画化できないものだうか、と書いた。その思いが現実になりそうなのだ。製作費の半分を市民のカンパによってまかなうのだという。こんなことは日本映画史上初めてではないだろうか。映画製作協力金として一口10,000円からのカンパを呼びかけている。1口の場合、入場券1枚、クレジットタイトルへの名前の記載、エキストラ出演登録権の3点の特典がつく。3口だと、台本ももらえる。5口だと撮影見学会への招待つきである。ただし、これは函館市民に向けてのちらしなので、見学会に入れる権利はもらえても、函館までの旅費は自己負担しないといけないだろうけど。でも函館はいい街ですよ。

ちらし「海炭市叙景」.jpg
映画「海炭市叙景」の映画製作協力をよびかけるちらし
http://www.cinemairis.com/kaitanshi/  (ホームページ

監督は帯広生まれで大阪芸術大学卒業の熊切和嘉だ。これは期待できる。市民の力で映画を製作するというこの画期的な試みに参加してみませんか、皆さん。

佐藤泰志「移動動物園」.jpg
佐藤泰志の『移動動物園』表紙(1991年2月新潮社)

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。