So-net無料ブログ作成

「未来」に向けてのメールアート(4) [メールアート]

こうしたオリジナル作品たちが無償で送られてくるのだ。刺激的な出来事ではある。これら届いた作品は企画者へのプレゼントでもある。このボランティアのような、ギフトのような、直接に心を届けるようなアートのありようはキリギリスを訪れた多くの方に暖かい思いを伝えることができたようであった。また、表現的にもきわめてレベルの高いものもあり、日本ではほとんど展示されてこなかったメールアートのありように驚きを感じられたようだった。

展示1.jpg
展示2.jpg
展示3.jpg
展示の様子<写真は松田未希さん撮影のもの>

メールアートが垣間見せた「未来」のさまざまな可能性を次につなげる責任が我々にはある。それは異質な存在を嫌わず、考えが違うからこそ尊重しあうところから始まるのだと思う。そして、その考え方こそがメールアートの本質なのだと思っている。

展示4.jpg
Miche.jpg
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。