So-net無料ブログ作成
検索選択

ときたまメールアート(4) [メールアート]

 五月三○日、ついに最終日となった。クロージングイベント会場では音楽にあわせて電子的な花火がうちあげられてゆく。上のフロアで大野慶人さんのダンスイベントがあったようで、慶人さんがいた。思わずジョン・ソルトさんからのハガキを見せたくなってカーテンから外して見ていただいた。そこには大野一雄さんの舞踏している写真がコラージュされていたのであった。ジョン・ソルトさんは大野一雄さんをアメリカに紹介した功績者であり、細江英公さんが大野一雄を撮影した写真集『胡蝶の夢』の展覧会をロス・アンゼルスの美術館で企画提案、実現したりしている。二○一○年秋、ジョンさんは世田谷美術館での「橋本平八と北園克衛展」のために来日、土岐さんと会っていただけた。慶人さんにハガキを見ていただき、しばらくして一雄さんの訃報が届いた。私には直後という印象があり、その偶然に驚いた。ジョン・ソルトさんが十月二四日に田口哲也さんとともに行った講演会には邦楽の西松布咏さんと大野慶人さんとのコラボレーション公演もあった。  ジョンさんが企画し、私や田村洋さんがプロデュースとして制作にかかわった西松さんのDVD「儚」でのコラボレーションの完成形を見たように思った。世田谷美術館のこのイベントには詩人の藤富保男さんも来られたが、五月の横浜には参加いただけなかったけれど、十一月に予定しているときたまメールアート展覧会には藤富さんも参加いただくことになった。メールアートはネットワーキング・アートでもあるが、ときたまメールアートもまさに「つながり」の連鎖を形成しているようだ。ときたまメールアートは今も拡大を続けており、新たな連鎖を生んでいる。その新しい出会いが楽しみである。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。